◆日記カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

 < 2020年 7月>

水中写真をレベルUP☆ 「ウミウシ」を撮るコツ♪ 2020/07/18

:2020月07日18日 天気:晴れ
最高気温:33℃
最低気温:27℃
水温:30℃
スーツ:5mmワンピース

石垣島北部のダイビングショップ 「うみの教室」 日記スタートです

【新たなダイビング様式について】
新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、お客様に新たにお願いさせていただく事項がございます。
ご予約時、 こちら  をご確認下さいませ!

どーも!スタッフのリンです。
昨日まで強かった南風が少し弱まってくれました!
天気も良い石垣島です

本日はカメラブログ!
これまでのブログはこんな感じです。良かったら読んでみてください~

・過去画像を編集! こちら
・夜空の撮影! こちら
・WB(ホワイトバランス)で遊ぶ! こちら
・フィルター効果で遊ぶ! こちら
・ピンボケ写真からの脱却! こちら
・ピンボケ番外編:「ソウル撮り」! こちら
・構図のお話 Part 1! こちら
・構図のお話 Part 2! こちら
・構図 番外編 「縦構図」のススメ! こちら
・光のお話 Part 1! こちら
・光のお話 Part 2! こちら
・「良い写真」 を撮るために必要なものとは? こちら
・おウチで出来る、写真のトレーニング! こちら
・背景を意識した撮影! こちら
・写真は根性? こちら
・フィッシュアイレンズのススメ! こちら
・撮り方のコツ 「クマノミ」 編! こちら
・撮り方のコツ 「マンタ」 編! こちら
・撮り方のコツ 「サンゴ」 編! こちら
・撮り方のコツ 「地形」 編! こちら
・撮り方のコツ 「群れ」 編! こちら
・撮り方のコツ 「ハゼ」 編! こちら
・撮り方のコツ 「カエルウオ(ギンポ)」 編! こちら

被写体ごとの撮り方、ちょっとしたコツ!今回のテーマは、 「ウミウシ」!!
誰が呼び始めたのか、「海の宝石」という異名を持つ彼ら。
特に女性ダイバーに人気の被写体です
彩りも様々!形も様々!ウミウシだけで何冊も図鑑が出ていますが、いまだに新種が見つかり続けています

そんな彼らの撮影のコツ ご紹介していきましょー!

・その1 目(触角)にピントを合わせる。
これは言わずもがなですね、魚たちと同様です。


・その2 画面いっぱいに写す。
ウミウシたちは岩や砂地にひっついていますので、
小さく写そうとすると背景がごちゃごちゃと見づらくなってしまいます。


画面いっぱいに写せば余計なものは入りませんし、綺麗さを際立たせることもできます


・その3 一部分を切り取るのも good
クローズアップして画面いっぱいに触角や二次鰓(背中のフリフリ)を写してみましょう!


今まで気付かなかった「美しさ」が発見できるかもしれません


・その4 小さく写したいなら、背景を意識。
「小さいウミウシほど可愛い!」 そんな方にとっては、その「小ささ」こそ写真に収めたいですよね
その場合は、撮影する位置を工夫してみましょう
探せば背景をスッキリ綺麗にできる場所が、きっとあるはずです!


その生態にも、まだ謎の多いウミウシたち。その答えを考えながら撮影するのも楽しいです
狭い範囲に複数がいたり。(こんなに広い海で、なぜここに?)


ずーっと連なって移動していたりもします。(求愛行動?でも2匹だけじゃないときも?)
謎を解き明かすのは、もしかしたらアナタかもしれません!!


以上!今回は 「ウミウシ」 を撮るコツでした!!
ウミウシ好きダイバーの皆さん!あふれる愛を写真でも表現してみましょー

水中写真は初めて or まだ慣れていないから基礎から勉強したい!という方。
次回のダイビングで 水中写真の SPライセンスコース はいかがでしょう?
僕たちが誠心誠意、ご一緒しますよ!!

スペシャルティ(SP)科目


石垣島北部のダイビングショップ 「うみの教室」  日記
本日の担当はリンでした!次回の日記もお楽しみに~

「ダイビング短期プロ育成制度」奨学生募集開始!

講習費が無料&奨学金を貰いながら約3カ月でダイビングのプロ資格取得を目指すコースです。
詳細は「短期プロ育成/奨学制度」へ