マサと一緒にパイ ダムナ~ム♡アンダマ~ン♡ シミランツアー詳細 2019/08/19

:2019月08日19日 天気:晴れ
最高気温:25℃
最低気温:25℃
水温:25℃
スーツ:5mmワンピース

はいさ~い!!マサです☆

ちなみにパイとはタイ語で「行く」でダムナ~ムは「ダイビング」だったはず。アンダマンもアンダマ~ンと伸ばしてたはず。シミランもシミラ~ンだったはず!確か!(笑)

さて!当ブログで8月1日に告知を開始した「魅惑のタイ、アンダマン海!マサと行くシミランツア~☆」の詳細を決まっているところまでご紹介します!



ツアー料金:予定価格 26万円 (税込み)

【これ含まれます】
 ・往復航空チケット(東京:羽田  - タイ:プーケット)
  ※出発当日は早朝の羽田空港集合となりますので他県からご参加の場合はご相談ください

 ・食事付きのクルーズ宿泊(4泊5日) 
   *1日目-夜乗船となるので軽い夜食が提供されます
   *2~4日目―朝食、間食、昼食、間食、夕食の一日5食提供されます
    ※間食はサンドイッチやお菓子などの軽食です。ご自由に~って感じで用意されます
   *5日目-朝食、間食、昼食の3食提供されます

  ※クルーズ中はお二人で一部屋シェアとなります(個人部屋ご希望の方はご相談ください)
   基本的にシミランクルーズはトイレとシャワーもみんなで共同が多いのですが、
   今回のボートでは各部屋に完備!さらにリノベーション直後なのでめっちゃ綺麗です!

 ・ダイビング(サンセット&ナイトダイブ含めた14ダイブ)
  ※参加or不参加は自由!(料金は変わりません)
   眠たいから早朝ダイブはパスとか、お酒飲みたいからナイトダイブパスなんかもOK!
   体調と相談しながら楽しみましょう!
   *2~4日目-早朝(朝食前)1ダイブ、日中2ダイブ、サンセット&ナイト1ダイブ×3日間
   *5日目―早朝1ダイブ、日中1ダイブ

  ※もしイトダイビング経験がまだない方や不安な方はご相談ください!
   サンセットがつくる薄明るい海中からやがて真っ暗闇に。ライトを頼りにより
   よりエキサイティングなダイビングを味わうことができます☆
   ただし暗闇は陸上ですら怖いですよね。水中ではなおさらです。不安を除いて
   思いっきり楽しむためにまずはしっかりレクチャーを受けておくことをお勧めします!

 ・シミラン国立公園入園(クルーズ全日程分)
        ※国立公園レンジャーの見回りがあり入園料を海上で支払う場面に遭遇するかも??

 ・現地日本人ガイド
  ※シミラン諸島を相当知り尽くした頼れる日本人女性ガイドです。僕のお師匠さん(笑)

 ・クルーズ下船後のホテル宿泊
  ※僕が30歳でインストラクターを目指した頃お世話になった思い出深いホテルです。
   シンプルですが清潔で居心地がいいいホテル☆
   近くには徒歩10秒で本場タイ料理が味わえるレストランが!そこで打ち上げ予定です!
   クルーズでの思い出話に花咲かせて大大大宴会やっちゃいますよ~☆

 ・プーケット空港-クルーズ船-ホテル-プーケット空港の各送迎
  ※広々とした10人乗りのミニバスで送迎いたします!

 ・マサによる東京からのアテンダント
  ※久しぶりのタイなので僕もいまから楽しみです!
   皆さんを安全第一そして同じくらい快適第一でサポートさせていただきます!!


 

【その他かかる費用】
 ・羽田空港からクルーズ乗船までの移動中に掛かる飲食
  ※空港の待ち時間中は集合時間と場所を決め自由行動をとっていただいて大丈夫です。
   ただし慣れない土地ですのでくれぐれも迷子にはご注意くださ~い(笑)
   1分間ルールで自力で戻ってきてくださいね♪

 ・クルーズで販売されているビールやジュース
  ※ビール70B(約240円)ソフトドリンク30B(約100円)
  ※荷物になっちゃいますがおつまみやお酒など持ち込み可能です。てか絶対おすすめ!!
   日本から持参したり空港の免税店や現地コンビニ等で購入も可能です。
   僕も泡盛などなど宴会グッズ持参しますよ~(笑)

 ・レンタル器材
  ※4日間フルレンタルで2000B(約7000円)*足りない器材だけ個別レンタルも可能です
   日本と比べると断然安いのですが荷物になってもマイ器材持参をお勧めします。
   ちなみにダイブコンピューターはレンタル出来ません。

   うみの教室では必ずレンタルしてもらってまで重要性をうったえているのですが、
         それが初めて使う人にとってちゃんと響いてるのか実際のところ僕たちにはわかりません
   
   ダイブコンピューターとは車で置き換えるなら目で確認できる計器です。
   車では速度や燃料残量を確認し、時には冷却水の温度やその他の警告も見て取れます。
   これを確認しないまま運転を続けるとトラブルに直結してしまいます。
   例えがよかったかな~なんて自問しておりますが、ダイビングも一緒なんです
   
   ダイブコンピューターはダイビング中に自分の身が安全か危険かを知る手立てとなります

 ・クルーズ下船後の食事
  ※クルーズ下船後は居心地の良いホテルに宿泊です!
   近くの美味しいタイ料理レストランで盛大に打ち上げです!

 ・最終日のプーケット観光
  ※ホテルのチェックアウトは12時となりますが、その後は荷物をホテルで
   預かってもらえるので朝からプー ケット観光を楽しみましょう!
   みんなで出かけるもよし、ちょっと行ってみたいところ があればサクっと
   タクシーを捕まえ出かけるもよし!
   ただここで忘れてはならないのが外国ってこと!

  ※プーケットは世界中から観光客が集まる大リゾート地、旅行者を狙ったスリやぼったくり
   には空港到着直後から常に気を配りくれぐれもご注意ください!

 ・ボートクルーへのチップ(日本では馴染みのない文化ですね。僕からのお願いです!)
  ※彼らは僕たちが快適にクルーズ生活を送れるように早朝から夜中までいそいそと
   立ち回ります。そんな彼らの収入源は僕たちからのチップに掛かっています。
   もし皆さんが気持ちよくクルーズ生活を終えることが出来れば是非ともお願いします!
   目安は4日間で大体1000B(約3500円)です。
   渡し方は最終日にチップボックスがあるのでそこへ皆さんの気持ちを投函してください!

 


 

フライト情報:便名などの詳細はもう暫くお待ちください

 ・目安:
  ※16日10時半ころに羽田空港出発、バンコクを経由して19時半ころプーケット空港到着
  ※21日21時ころプーケット空港出発、バンコクを経由して翌22日7時ころ羽田空港着

 


 

キャンセル規定:ご参加日から

  *91日前まで無料(つまり9月16日以降はキャンセルチャージが掛かります)
  *90-61日前まで50%
  *60-21日前まで80%
  *20日前以降100%

 


 

その他、ご質問やご不明な点などありましたらマサまでお気軽にお問い合わせくださいませ!

お問い合わせはこちらから:うみの教室問い合わせページ

 

石垣島ダイビング体験ダイビング&ライセンススクール日記
本日の担当はマサでした!次回の日記もお楽しみに~

「ダイビング短期プロ育成制度」奨学生募集開始!

講習費が無料&奨学金を貰いながら約3カ月でダイビングのプロ資格取得を目指すコースです。 詳細は「短期プロ育成/奨学制度」へ

台風9号のため 8月8日9日クローズ致します。

:2019月08日07日 天気:晴れ
最高気温:33℃
最低気温:27℃
水温:28℃
スーツ:5mmワンピース


石垣島に非常に強い台風9号がかなり接近する予報の為、8月8日(木)9日(金)の2日間ショップをCLOSE致します。この二日間はスタッフも出勤できませんので、お電話がつながらず、メールへの返信もできない状態となります。ご了承くださいませ。
10日(土)のダイビングに関しては、10日の朝に判断しご連絡致します。

尚、台風通過後も停電が続きますと電話・メールの送受信がしばらく出来ない可能性がございます。完全に復旧するまで大変ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願い致します。
(台風を起因とするキャンセルには、キャンセルチャージは発生致しません)

「ダイビング短期プロ育成制度」奨学生募集開始!

講習費が無料&奨学金を貰いながら約3カ月でダイビングのプロ資格取得を目指すコースです。 詳細は「短期プロ育成/奨学制度」へ

魅惑のタイ、アンダマン海!マサと行くシミランツア~☆2019/08/01

:2019月08日01日 天気:晴れ
最高気温:33℃
最低気温:29℃
水温:30℃
スーツ:5mmワンピース

はいさ~い!!皆さんお久しぶりです!マサです!
新うみの教室 in 石垣島発!海外ツアー☆やっちゃいます!!

記念すべき第1弾に選んだ場所は僕が超超超おすすめするインド洋アンダマン海のタイ国立公園「シミラン諸島クルーズツアー」です!もーねーうん!やばいんです(笑)

・日程(計14ダイブ)

12月16日 東京ープーケット(クルーズ船乗船)

12月17~19日 各4ダイブ

12月20日 2ダイブ→下船プーケットにてホテル1泊

12月21日 プーケットー東京


№8 ドナルドダックベイ

「シミラン」とはマレー語で「9つ」つまりシミラン諸島とは9つの島ってわけです。マレー文化の影響を多大に受けるタイ南部(ご飯めっちゃ美味し~w)はインド洋上に位置します。タイ王国の海洋国立公園に指定されていて海洋保護のためダイバーの立ち入りを半年間(11月~5月)に限定する徹底ぶり。つまりはこの手厚く守られた国立公園をダイビングするためには時期を狙わなければなりません。


それぞれの島は国立公園レンジャーによって厳しく管理され、観光施設がまったくないため自然そのものを楽しむことが出来ます。そんな島々を宿泊施設付きのスーパークルーズ船で堪能するダイビング版サファリパーク!


僕は30歳でダイビングインストラクターを目指し転職しました。なんだかんだ調べてタイを選びダイビング修行をしていた頃、この恵まれた海を特別だとは思っていませんでした。なぜならそんな海が日常に広がり当たり前になっていたからですかね。そして月日が流れ。。ダイバーなら誰もが一度は潜ってみたいと憧れる貴重な場所と知ったのはタイを離れてからのことです。それから転々と有名ポイント含め潜ってきましたが、その都度シミランと比べてしまい、あのダイナミックさに勝る場所はなかなかないんだと実感するたび僕の中ではいつか戻りたい特別な場所に。

インストラクター試験合格直後inプーケット(タイ南部)え~ちなみに6年前くらい??(笑)



シミラン諸島ダイビングのいいとこリスト!

1、なんといっても水族館とは違う天然ジンベエザメに出会えるチャンスがハンパなく高い!

もちろん当たり年、そうでない年はありますがチャンスを求めて毎年シミランに果敢に挑戦するダイバーたちを僕は知っています。それだけ魅惑される海域はそう滅多にあるものではありません。視認できるかどうかの視界の限界から近づいてくる経験したことのないめちゃデカいやつ!鳥肌者の遭遇からのアドレナリンMAXの大興奮!ちなみに僕の記憶は昨日のことも忘れてしまいますが彼に出会えた遠い昔の記憶は鮮明に残ってるんですよね、不思議だな~(笑)

2、ジンベエ様だけでない大物&魚影&マクロが桁違いにハンパない!!

オニイトマキエイ(石垣マンタよりもっともっとでっかやつ!)やレオパードシャーク、アンダマン固有種のパウダーブルーサージョンフィッシュ、トマトアネモネフィッシュ、ブラックピラミッドバタフライフィッシュなど初めて出会う彼らに頭がついていきません! 魚影もめちゃめちゃ濃くてキンセンフエダイ魚群は圧巻!渦巻くバラクーダの群れに遭遇した時にはダイビングやっててよかったって思える感動が!さらにマクロも豊富!アケボノハゼ、ピグミーシーホース、日本では珍しいウミウシなど ワイド派マクロ派問わず1ダイブ40分そこそこでは足りませ~ん!

3、透明度&透視度がハンパない!

ここを僕は勘違いしてました。どこもこんな透視度なんだと思ってたことが今となれば経験不足でした。いまから考えればヤバいくらいに抜けてます!もちろん自然なので濁る日はありますが透視度は世界トップレベル!毎年潜る現地ガイドが毎年戻りたいと思ってしまう理由もわかります。

4、アフター最高!クルーズならではの一緒に旅をする仲間との連帯感ハンパない!

クルーズ船上での生活は基本的に食べる&お昼寝&Let’s Diveの繰り返しです。単純な生活サイクルとともにボート上での他人との共同生活に初めてのクルーズを体験するダイバーにとってストレスとの戦いでもあるかもしれません。だから最初は疲れるんです。 でもそんなストレスの中で味わうダイビングの醍醐味や船上生活はとっても新鮮でダイバーとしての成長を遂げるはずです。日を重ねるにつれ他人が仲間に、ストレスを心地よい境地に、不安を楽しみに、まで持ってこれたならそれはクルーズダイバーの仲間入りを果たした証拠です。余裕を持てたなら洋上の朝日やサンセットの鮮やかな何にも邪魔されることのないオレンジ色の特大の太陽をタイビールとともに楽しんでほしいな~(笑)

ちなみにタイは国際色豊かなダイバーが集まる場所なので同船する国籍の違う彼らと船上生活を共にすることはエキサイティングで非日常を味わえます!

5、飯がハンパなくうまい!

今回使うクルーズ船は僕がタイにいたときに何度も乗船したことのある間違いのないマサ一押し。さらに当時からリノベーションを遂げ各部屋にはトイレ&シャワー付き(大体のクルーズ船は共同なのでかなりポイント高し)ボートクルーは日本人の心地よい対応を心得ておりクルーズ生活でのストレスを軽減してくれます。そしてなんといってもご飯がめちゃくちゃ美味しい!タイ料理だけでなく西洋チックな日があったり和食チックな日があったりで僕たちを飽きさせることなく楽しませてくれます!実は僕はご飯が一番の楽しみだったり(笑) 下手なその辺の星付きレストランより間違いなし!

6、夜の大宴会ハンパないくらい楽しい!


1日の締めくくりサンセット&ナイトダイビングからエキジットしたら待ってましたの夕食&大宴会スタート!そして最終日にはプーケットで超おすすめレストランで打ち上げを予定しています!みんなでわいわいしたいやつです! (笑) ダイビング仲間と過ごす夜はかなり特別です!



シミラン諸島ダイビングの気を付けないといけないことリスト!

1、基本ドリフト!流される~!


結構な流れが発生するエリアなのでドリフト経験のない方にはいい経験になります。激流の中ジンベエザメなどの大物を待つこともあるのでカレントフックは持っておいたほうがいいかもしれません。本格的ドリフトダイビングの前にそもそもの「ドリフトいろは」を学びたい!そんな方はうみの教室まで!


2、シミランツアーは条件アリとさせていただきます

安全上、AOWダイバー以上でブランクなしを最低条件とさせていただきます。ブランクは経験本数によっても許容範囲が違ってくるため参加したいけど心配だな~そんな方は気軽にご相談ください!


今回のうみの教室発クルーズツアーは海外に行きたいけどなかなか最初の一歩を踏み出せない。。そんな未経験の方でも十分楽しめる内容で考えています。僕にお任せください。 確定できないけどもしかしたら行けるかもって段階でまず仮予約だけ、それでも大丈夫です。

楽しいクルーズを企画したい☆
詳細はお問い合わせください。お待ちしてまーす!

石垣島ダイビング体験ダイビング&ライセンススクール日記
本日の担当はマサでした!次回の日記もお楽しみに~

「ダイビング短期プロ育成制度」奨学生募集開始!

講習費が無料&奨学金を貰いながら約3カ月でダイビングのプロ資格取得を目指すコースです。 詳細は「短期プロ育成/奨学制度」へ

パラオ行ってきました!2018/01/09

:2019月01日09日 天気:雨
最高気温:24℃
最低気温:19℃
水温:23℃
スーツ:5mmワンピース+フードベスト又はドライスーツ

石垣島体験ダイビング&ライセンススクール日記スタートです

本日の日記は

2018/12/6-12/10のパラオツアーのご報告です

G-FREEでダイビングの練習を重ねたお客様からのリクエストで
企画されたパラオツアー!

大物!群れ!最高でした!

ほんの一部の写真でツアーのご報告です!

1日目は移動日!

経由地のグアム!

パラオ着は夜の9時

そのまま船に乗船して船で泊まります!

2日目!

さっそくブリーフィングを聞いて出発です!

ダイビングポイントはすぐです!

グルクンが壁のように広がっていたり!

カメも沢山!

透明度も抜群!!

マンタポイントにもアタックしました!

マンタ2枚

 

夜はミッドナイトダイブ!

水中ライトを使って
微生物・幼魚等、不思議なお魚達を観察しました!

タコベビー

3日目

パラオを代表する

マンタポイント、地形ポイント、大物ポイントへ!

マンタポイントで大当り!

17枚のマンタがグルグルグルグル・・・

グルクマ

グルクンも桁外れの量で・・・

どこを写真とればいいのかアタフタ・・・(笑)

パラオの現地ガイドさんも22年でガイドしてココまですごいのは初めて!!

と驚くほど

そしてこのマンタポイントで

自身200DIVEを迎えられたお客様!

忘れられないDIVEになりましたね!!

船に戻っても感動が収まりません
露天風呂で盛り上がります

4日目はダイビング1本

集合写真も忘れず撮ります

「ポーズどうする?・・・」

Gにしますか!!」

「Gどっち向きだ??」

「まとまり無いな~~~」と、小さなことでも盛り上がっちゃいます

ここでも一人こそっとポーズ(笑)

午後はミルキーウェイに向かいます!

パラオの海を操船

泥パックで銅像になりきりました

ログ付けして下船

最後はパラオの街で打上です!

最初から最後まで盛り上がりまくりのツアーになりました!!

お客様撮影の写真も使わしていただきました

御参加された皆様本当にありがとうございました!!

 

 

本日の石垣島ダイビングも最高!ありがとうございました♪

石垣島ダイビング体験ダイビング&ライセンススクール日記
本日の担当はいっし~でした!次回の日記もお楽しみに~

「ダイビング短期プロ育成制度」奨学生募集開始!

講習費が無料&奨学金を貰いながら約3カ月でダイビングのプロ資格取得を目指すコースです。 詳細は「短期プロ育成/奨学制度」へ

うみの教室からのお知らせ 2018/12/3

:2018月12日03日 天気:晴れ
最高気温:27℃
最低気温:23℃
水温:24℃
スーツ:5mmワンピース+フードベスト

お客様へ

晩秋の頃、皆様におかれましては益々ご健勝の事とお喜び申し上げます。

 

さて、急なご報告ではございますが 弊社「株式会社ジーフリー」を今期(2019年1月末日)の営業を持ちまして一旦営業終了致します事をここにご報告致します。

今後の展開 それは「原点回帰 そして次なる夢へ!」
ファンダイビング部門である「ジーフリーダイビングサービス」は北部エリアを離れ市内新川(旧フサキステーション店)へ移転致します。目指すはワンランク上の楽しみ!ファンダイブを主軸として展開、加えてファンダイブの為のスキルアップ講習(アドバンス、スキンダイブ)に特化した業務内容での再スタートを切る予定です。
尚、今までアクセスできなかった八重山各離島ポイントへのトライや 周辺離島での一泊を挟んだショートクルーズ企画など「ゆとりある上質な時間」と「人と人との心地良い関わり」を最高のダイビングと共にご提供させて頂きます。

又、慣れ親しんで頂きました「伊原間店」は「ダイビングスクール うみの教室」(代表 猪田 さつき)と変更し従来の業務を継続、北部でのファンダイビング、エントリーやステップアップを中心に海の世界をより多くの方にご紹介し、更なるパワーアップを図って参ります。

我々がこうして次のステージへとチャレンジすべく ひとまずの区切りを迎えさせて頂きましたのも、永きに渡り支えてくださった親しみを込めて「ファン」とお呼びする皆様のおかげでございます。本当にありがとうございました。そして今後共更なるご支援を賜ります様お願い申し上げます。

株式会社ジーフリー 代表取締役 林 豊

 

 

 

「うみの教室」が選ばれる理由(クリック)
「PADI5スター認定店」とは?(クリック)