石垣島体験ダイビングの予約状況
石垣島ダイビングスクールうみの教室紹介
PADI5スター・ダイブリゾート
石垣島ダイビング短期プロ養成制度
ダイビングスタッフ募集
ジーフリーは安全対策優良店です
ジーフリーは八重山ダイビング協会加盟店です
ジーフリーは八重山ダイビング協会加盟店です
ダイビングと健康

安全の為のお願いと注意 [ 石垣島ダイビング ] 石垣島で安全にダイビングを楽しむ為のルール

石垣島ダイビングの受付
健康・安全事項の確認

石垣島で安全にダイビングを楽しむ為のお願いと注意です。ご来店前に一読しご協力下さいませ

ご来店時は最初に「参加申込書」へ記入、「安全確認事項」へ署名をお願い致します

「ダイビングと健康」については事前に必ずご確認下さい
当てはまる項目が1つでもあり診断書がない方は、当日ご来店頂いても、ダイビングに参加することが出来ません

ダイビング事故の約3割は本人の病歴に起因するものです。ダイビングと病歴の関係を軽視せず、全項目を必ず確認し必要な方は医師の診断を受けて下さい
診断書をお持ち頂いてもダイビングに参加出来ない病気もございます

Notice1 ダイビング施設

ダイビング施設を使用する際の注意とお願い
ダイビングスクール内

ショップ内
施設内に濡れたまま(Wスーツのまま)では入れませんので、水気を拭いてお入り下さい。外のテラスにタオルやお着替えを置いておく棚がございます


スクールの外テラス

テラス
濡れた格好のまま(Wスーツのまま)でくつろいでいただけます。お昼ごはんはここで食べます


スクール前のビーチ

ビーチ
ショップの目の前は誰もいないビーチ。絶好のロケーション!ビーチに行かれる際は、廃油ボールを踏まないようお気を付け下さい。ビーチから戻ったら必ず足元の砂を水道で落としましょう


Notice2 ダイビング器材

ダイビング器材に関する注意とお願い

マンタ(プレミアム)、体験ダイビングにご参加の方の器材は担当インストラクターが準備致します。器材は丁寧に取扱いをお願いします

ライセンスをお持ちの方、ライセンス講習を受講の方は以下の注意点をご確認下さい

ダイビング器材

手入れが行き届き使い慣れた適切な(定期的なオーバーホールがなされた)器材をお使い下さい
ダイブコンピューターは必須器材です(お持ちでない方はレンタルをご利用下さい)

ダイビングコンピューター

フロート・ホーン等セイフティグッズの携行を推奨します
水中カメラは出発前に器材洗い場のカメラ専用水槽にて水没チェックをして下さい。 カメラの移動・管理はご自身でお願い致します

ダイビング用カメラ

レンタル器材をご利用の方は必要な物をご確認下さい。使い方等不明点があれば遠慮なくご質問下さい

Notice3 ボート乗船

ダイビングボート乗船時の注意とお願い
ダイビングボート

船酔対策・日焼け対策を予めお済ませ下さい
サンオイルの使用は足元が滑り危険ですのでご遠慮願います
ボートではサンダルを脱いで皆で気持ちよく使いましょう


ダイビングボート乗船

ダイビングボートに乗り込む際、足元とボート上部にある日よけ用ワイヤーにお気を付け下さい
カメラ・手荷物等はクルーに渡し手ぶらで乗船しましょう
手荷物・器材の置き場等船の使い方の説明を確認して下さい


ライセンスをお持ちの方、ライセンス講習を受講の方は以下もご確認下さい

タンクホルダー

出港前にセッティングを行ない点検もお願いします
セッティング後タンク内圧力を確認してください。残圧が180気圧以下の場合、新しいタンクと交換致します
通路やベンチなどに器材を広げないようにしましょう

Notice4 ダイビングボート移動中

ダイビングボート移動中の注意とお願い
アンカーリング

移動中はベンチ又は船の内側に左右バランスよくお座り下さい。船べりに座ると危険です
走行中むやみに立ち上がったり、船べりから身を乗り出すのも危険です。スタッフの指示があるまでは座ってお待ち下さい

当店はサンゴへのダメージを最小限にするため、できる限りアンカーを手で持って入り船を固定致します。エントリーまで少々お時間を頂く場合がございますがご了承ください

Notice5 ダイビングポイントの選択

ダイビングポイントの選択についての注意とお願い
船長

最大の事故の原因は、無理な海況判断です
皆様からのリクエストは最大限ポイント選びへ反映させて参りますが、当日の海況と皆様のスキルの状態を考慮した上で、決定することをご理解下さい

安全を最優先したダイビングを計画します

Notice6 ダイビングの注意

ダイビング中の注意とお願い
ダイビング

ダイビング前に潜り方、潜る際の注意点などを説明します安全なダイビングに不可決な事項ですので、しっかりとお聞き下さい

常にインストラクターから離れずにいて下さい

ライセンスをお持ちの方、ライセンス講習を受講の方は以下もご確認下さい

残圧は個人の責任において管理しガイドには正確に伝えてください。 残圧が100、50になったらガイドに自己申告して下さい(最低残圧は40気圧)

ダイブコンピューター(ノンストップリミット)の管理は個人の責任において行い、必要な際にはガイドにお伝え下さい

「マンタポイント」をはじめ、他のダイビングボートが通行する可能性の高いエリアでは不用意な浮上は極めて危険です。ボートから離れて浮上せず潜降ロープに掴まって浮上して下さい

もし水中でガイド(チーム)とはぐれてしまったらその場で1分間待っていて下さい。1分待っても合流出来なかった場合は、水面に十分注意して浮上し浮力を確保。水面で待つか、あるいはボートまで水面を泳いで帰り待っていて下さい

自己管理の徹底によりダイビングの安全性に大きな影響がございます
1.体調管理 2.器材のチェック 3.残圧管理 4.グループからの離反 5.潜降・浮上時のロープ使用  安全管理はダイバーの自己管理が基本です

Notice7 サンゴ&海中生物の保護

サンゴ&海中生物の保護についての注意とお願い
石垣島のサンゴ礁

私たちダイバーのフィン等により珊瑚を折らないよう又海中生物を傷つけないよう細心の注意を払いましょう。そして海に対して謙虚な気持ちを忘れずに行動しましょう

美しい石垣島の海を自分達の手で守りましょう

海に畏敬の念を払えば、必ず海は貴方を受け入れてくれます。さぁ一緒に石垣島の海で心からダイビングを楽しみましょう!